薄く塗るのが基本です

ファンデ

下地やコンシーラーを併用

数あるコスメの中でも「ファンデーション」はメイクに欠かせないマストアイテムですよね。年齢を重ねるうちに肌のくすみやクマなどの悩みが増えていくので、特に30代以上の方には欠かせないでしょう。肌のくすみなどが気になってくると、それを隠したいという気持ちになってついついファンデーションを念入りに塗りたくなってしまいます。念入りに塗る、その行為自体は間違っていないのですが、気をつけなければいけない点は念入りかつ薄く塗るという点です。欠点を隠そうとするあまりに何度も重ねづけしたり、多めの量のファンデーションを顔全体に塗ってしまったりする方もいるのですが、これはNGです。ファンデーションは塗れば塗るほど、年よりも老けた肌に見えてしまいます。くすみがある場合は、ファンデの前にくすみを飛ばしてくれる効果のあるベースやカラーコントロールクリームを使うことが大切です。下地の時点でくすみを飛ばし、ファンデはあくまで薄くのばして付けるようにしましょう。クマやシミなど部分的なお悩みには、コンシーラーを使うと効果的です。ファンデ−ションを塗る時は、いかにも塗っていますという感じにならないように気をつけましょう。ブランドコスメやプチプラコスメなど、どんなコスメでも基本的な使い方は同じです。せっかく流行のアイメイクやヘアスタイル、ファッションで決めていても、肌が厚塗りだとどうしても老けて見えますので気をつけましょう。

Copyright © 2017 セラミド配合の化粧水を使おう!若肌プリーズミー All Rights Reserved.